「REACTOR 小藍火」

スポンサーリンク
Sponsored Link

「REACTOR 小藍火」

 「卓球中国ラバー専門店 MASAKI」にて1,200円(税、送料込)で購入。

メーカー名が「REACTOR」で、ラバー名が「小藍火」のようで、
販売サイトでは「小藍火 バック向き」と商品名が冠されています。

中国製の非粘着の裏ラバーです。

スポンジ厚2.1mmで、「中硬」「中軟」があり、「中軟」を購入。

Googleでレビュー検索しても全くヒットしないので、簡単に感想を書いてみます。

比較、批評ができるほど腕がないので申し訳ない・・・。

①パッケージ

バック面で使用しているラバー小藍火

前の記事でも載せましたが、青メタリックな外観です。

「火麒麟 CKYLIN」が中国での商品名称なのだろうか・・・?

中央の「我的小藍火 打新球更好」をGoogle翻訳すると、
「私の小さな青い火 ボールをより良くプレイする」とのこと。

なんとなく意味が分かるのが漢字のいいところですね。

②モールド意匠&シート

小藍火のモールド

小藍火のシートとモールド

このモールドですが、「火麒麟」と作られており、「火藍小」とはない・・・。「火麒麟」が商品名なのではないだろうか?

ラインが細くてなさけない気が・・。まあ、それはプレーには関係なし!

シートの見た目はざらついてる感じがしますが、触るともちろんフラットです。

透き通ってはいないので、曇り系に該当するのでしょうか・・・?

③スポンジ

小藍火のスポンジと気泡

「小藍火(小さな青い火)」だけあってブルースポンジです。

淡い青ではなく、濃い青!

紅双喜系の青!

気泡もあってテンション系の雰囲気です!

④重量

小藍火の重さ

1:カット前ラバーの重量が72g

2:ラバー貼りつけ前のラケット重量が142g

3:ラバー貼りつけ後のラケット重量が194g

「ニッタク ファインジップ」を2度薄塗り(ブレード面、スポンジ面共に)し、
52gの重量アップとなりました。

⑤使用感

「STIGA ローズウッドNTC V」でバック面のみの使用ですが、そこそこ良いです。

そこそこの柔らかさ、弾み、回転量、打球音。

以前はSTIGAのエアロックSを使用していたのですが、
違和感なく使えました。

1,200円にしては小売価格3,000円台と戦える性能なのでは・・・?
と感じています。

バックドライブはまずまず。

回転量はエアロックSの方があるけど、速度は同じくらいかな?

チキータはひっかかりがいまひとつな感じがします。

しかし、なんといっても安いのが売り!

バック面ラバーのストックがないからとりあえず貼っとくか!
という風に気軽に買える!

バック面ラバーにそこまでこだわりがなければオススメ!

⑤総評

安くてブルスポ、そこそこのラバーです!
(いい意味で)

スポンサーリンク

▼ SNSでシェア ▼

トップへ戻る