ラバー

男は黙ってスレイバー

ラケットに貼ったスレイバー

日本三大「男は黙って」シリーズ

男は黙ってサッポロビール


サッポロビール三船敏郎1970

男は黙ってグッドイヤー


[SCOTCH GRAIN]スコッチグレインのこだわりと品質

男は黙ってスレイバー
卓球ラバーのスレイバー

Hello!!

My name is  「これはひどい」 !!

I’m pretty good!!!!!

 

9月に入り、東京は上着を着ても違和感無い気温になっています。

夏はいずこへ・・・。

わたくし ”これはひどい” は真夏も週に1度練習をしていましたが、

ローズウッドNCTV&テナジー80はオーバースペックと痛感し、

フォア面のラバーを変更!

 

BUTTERFLY/SRIVER(特厚)

ラケットに貼ったスレイバー

テナジー80からの急なダウングレードである。

バタフライ公表の数値で、

テナジー80
 スピード:13.25 スピン:11.25 硬度:36

スレイバー
 スピード:10.00 スピン:  8.00 硬度:38

となっています。

テナジー80の硬度に近い硬度35のスレーバーELや、
硬度33のスレイバーFXでも良かったのだけれど、
ラバー下部のモールドにSriverだけの方が単純に男気があったため、
無印のスレイバーを購入。

この気持ち、分かる方はいるはず・・・。

実は初めてのスレイバー。

マークV(ヤサカ社)も使用経験がないため、
初めてオーソドックスな高弾性ラバーを購入となりました。

 

 

スレイバーとは一体、どのようなラバーなのか・・・。

 

まずはパッケージ

表面

卓球ラバーのスレイバー スレイバーのパッケージのアップ

バタフライのパッケージデザインは全て画一化されているため、
商品名でしか判断できません。
(サークル(円)の色を覚えていればできますが・・・。)

蝶の意匠の中にはラメ加工された小さい蝶が印刷されています。

 

裏面

スレイバーのパッケージ裏面

発売から50年!

ご長寿すぎます。

スポンジの気泡

テナジー80とスレイバーと小藍火のスポンジ比較

iPhone5Sで精一杯頑張った接写です・・・。

バック面の「小藍火」が一番気泡が大きく、次いでテナジー80。

スレイバーは気泡が小さく、みっちり詰まっているスポンジです。

色はキョウヒョウや天極に似た、クリームっぽいオレンジ。

※「 小藍火」についてはこちら(過去記事)

あわせて読みたい
バック面で使用しているラバー小藍火
激安バック向け中国テンションラバー「REACTOR 小藍火」 「卓球中国ラバー専門店 MASAKI」にて1,200円(税、送料込)で激安の中国テンションラバーを購入。 メーカー名が「REAC...

 

シートの感触

スレイバーのシート

テナジーほど粒が透き通ってはいません。

指で触った感触はしっとりとしていて、
スピンがしっかりかかるようなシートをしています。

重量

スレイバーを貼る前の重量 スレイバーを貼った後の重量

カット前の重量は測り忘れ・・・。

接着剤はファインジップ(ニッタク社)を使用し、各面2度薄塗りしています。

146g→189gなので、53gとなっています。

素の重量の計測方法も覚えなくては・・・。

 

使用してみて

サーブ

下回転のサーブが短く止まってくれます。

テナジーやラザントといったテンションラバーと比べると、
弾みにくいため、台に収まりやすいです。

逆にロングサーブはスピードが乗りません。

反応されるとつらい事があります。

 

ドライブ

下回転に対し、しっかりループをかけることができます。

弧線も上がりやすく、収まりもいい!

対ドライブのラリーでも対抗しやすいです。

いままでフォアドライブがオーバーしやすかったですが、
台の中に収まってラリーがしやすくなっています。

入れにいくショットも、しっかり振って入るため単純に卓球が楽しいですね。

しかし、その反面ショットは浅くなりやすく、スピードもややゆったり気味。

スピード狂の方には物足りないスペックかもしれません。

台上処理

フォア面に貼っているため、ストップとフリックくらいしか試していませんが、
上記と同じようなイメージです。

ストップは短く止まり、フリックは相手の回転の影響が少なく振りやすい。

特にストップが顕著に違う気がします。

テナジー80よりもネット際に落とすことができるようになり、
短いサーブからのストップの応酬が楽しいです。

最後に

簡単なレビューでありましたが、
ローズウッドNCTVで使用してみて、あまり違和感なく使えています。

ラケットがそこそこスピードが出せるため、
主な入賞歴特になし!な私の腕前では、
スレイバーでちょうど良いのかもしれません。

続々と新しいテンションラバーが発売になりますが、
今年はスレイバーでチャレンジしてみようと思います。

クラシックな雰囲気も出せるし、お値段もお得ですしね!

ラバー選びに迷った際には初心に帰って、

「男は黙ってスレイバー」

みなさまもいかがでしょうか?